お役立ち!バック印刷業者6選

バッグ印刷に使用される様々な方法

トップページ > バッグの印刷について > バッグ印刷に使用される様々な方法

バッグ印刷に使用される様々な方法

現代では印刷技術が十分に発達しているため、バッグに好きなデザインを入れることも可能です。
数多くの会社がバッグの印刷を取り扱っていて、その中のどれかに素材の購入と合わせて依頼するのが基本の形です。
滑らかな表面の素材の方が綺麗に印刷できる傾向があるため、繊維をシート状にした不織布が広く用いられますが、手織りなどでも不可能ではありません。
その方法にはシルクスクリーンかインクジェット、熱転写のいずれかから選択することになります。
選ぶためには仕上がりの質やコストなど様々な要素があり、複数人でのおそろいやオリジナル一点物など、希望に合わせて探していくことになります。
また中には素材とは相性が悪い方法もあるため、何を優先するかで組み合わせを変えなければならない場合もあります。


シルクスクリーンの場合は、小さな点の濃淡によってデザインを表現していきます。
雑誌などの印刷物のカラー部分を近づいて見てみるとわかりますが、写真や絵が無数の点の集まりによって構成されています。
それと同じ仕組みで、バッグにも細かなデザインが施せるわけです。
あらかじめ作っておいた原版の上からインクを塗り、特定の部分だけがバッグに移るようにして印刷していきます。
その作業は何度も行なうのは大変なので、他の方法と比べて色のバリエーションが少なく、デザインがモノクロに近いものになります。
しかし原版は使い回しが可能なので、その分大量生産をしてもコストを安く抑えられるのが強みです。
シンプルなデザインであれば色の少なさがデメリットとなることもないので、低コストを存分に発揮できます。


インクジェットはパソコンのデータを紙に印刷するのと同じように、そのままバッグへとデザインを写す方法です。
シルクスクリーンと異なり印刷のタイミングで幅広い色を作り上げるため、カラフルなデザインを忠実に再現することができます。
インクのコストは決して安くないですが描写能力が高いため、少数印刷に向いています。
そしてインクジェットと同様に色の制限がほとんどないのが熱転写で、こちらはバッグに直接印刷するのではなく、一度特殊な用紙にデザインを写す形です。
その後用紙の性質を利用して、熱を加えてバッグへと定着させます。
こちらはインクジェットよりも元のデザインを忠実に再現しやすいですが、定着させる作用が効かない素材があります。
このようにいずれの印刷方法にも、それぞれ異なる強みと弱点があります。

ページトップへ