インクジェットプリンターを選ぼう

カテゴリ

メニュー

2017年08月22日
幅広いインクジェットプリントの可能性を更新。
2017年08月22日
インクジェットのプリントがきれいな理由を更新。
2017年08月22日
インクジェットプリンターを選ぼうを更新。
2017年08月22日
発色が綺麗なインクジェットプリントを更新。

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

インクジェットプリントの利用方法

その鮮やかさで綺麗な印刷をしてくれるインクジェットプリントですが、家庭用でもプリンターとして市販されています。お正月の年賀状にはインクジェット紙があり、それを利用したオリジナリティのある写真はとても魅力があります。少し凝ってデジタルカメラ等高性能な器材で撮った写真でもそれを年賀状に綺麗に写す事が出来なければ意味がありません。
インクジェットプリントの場合その滑らかなインクを粒子のように細かく吹き付ける事で鮮明に元の写真を再現し印刷してくれます。インクジェットプリントと言えば紙に印刷のイメージがありますが、今では衣服や食品にもその用途は拡がっています。衣類の場合には生地にプリントを施して簡単に自然の風景や物、キャラクターを印刷してオリジナルの衣服が出来ます。
食品の場合は、ケーキ等のお菓子に可愛いキャラクターを食用のインクでプリントする事で楽しんでケーキを食べる事ができます。もちろん味に影響が出る事はないので安心して食べられます。衣服も食品も個人では難しいですが専門店でプリントしてもらう事が可能です。プリントした物には特別感が出て良い思い出にもなりますので誕生日や記念日等に利用してみてはいかがでしょうか。

インクジェットプリンターのインクの基礎知識

今では年賀ハガキやDVDレーベル印刷、写真印刷、コピー用紙などでお馴染みとなったインクジェットプリンター。レーザープリンタと比べると、発色に定評があることで知られています。そんなインクジェットプリンターのインクの特徴を語ります。使用されるインクは二つに分けて、染料インクと顔料インク。染料インクはそのままの意味で、紙にインクが染み込むタイプです。顔料インクは油なので、紙に染み込まず、紙の上に乗って固まります。
最近のインクジェットプリンターでは、4色~6色インクが一般家庭向けモデルでメジャーとなっています。使用されている色は「色の三原色」で知られるCMY(シアン、マゼンダ、イエロー)、そして黒というパターンが基本です。この4色は必須のカラーインクとなります。これらは染料インクが使用されております。5色プリンタや6色プリンタの場合、5色目や6色目に使用されるインクはメーカーやモデルによって違います。
多くの場合、黒の顔料インクが使用されるケースが多いです。黒の染料インクと顔料インクをハイブリッドで使用することにより、メリハリが出ます。黒の顔料インクは文字などの細かい部分の輪郭をシャープにするのが得意です。6色目はグレーなどが使用されます。インクジェットプリントは基本的にカラー数が多いほど、画質が綺麗になる傾向があります。色数を目安にインクジェットプリンターを選ぶのも一つの選択でしょう。