発色が綺麗なインクジェットプリント

カテゴリ

メニュー

2017年08月22日
幅広いインクジェットプリントの可能性を更新。
2017年08月22日
インクジェットのプリントがきれいな理由を更新。
2017年08月22日
インクジェットプリンターを選ぼうを更新。
2017年08月22日
発色が綺麗なインクジェットプリントを更新。

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

インクジェットプリントでTシャツを作ろう

インクジェットプリンターを普段から家庭や職場で使っている人は多いのではないでしょうか。インクジェットプリントをすると、インクの入ったカートリッジから色を出すような構造になっていて、印刷をするとカラーで印刷できます。インクジェットプリントは紙の印刷で多く使われているのですが、実は他にもできることはあります。
それは、Tシャツもインクジェットの仕組みでプリントができます。Tシャツを機械にセットするだけで、希望のデザインが仕上がります。たとえば、自分が好きな風景を描いたりキャラクターを描いたりして、イメージを機械に読ませてからプリントすると、イメージ通りのデザインでプリントができます。
また、ペットの写真を撮影して機械に読ませてプリントすると、Tシャツにペットの写真がプリントされます。つまり、自分でデザインしたものがTシャツとしてプリントされますので、世界に一つだけしかないTシャツが手に入ることになります。ちなみに、インクジェットプリントでTシャツを作る値段はそれほど高くはありません。それぞれの業者のホームページを見れば値段は載っていますが、Tシャツ1枚が1000円程度でプリントができることもあります。

事業用におけるインクジェットのメリット

プリンタの印刷方法には、大きく分けてレーザープリント式とインクジェット式があります。事業用ではコピー機などに代表されるように、多くの場合はレーザープリント式のプリンタが使われています。メリットとしては高速で印刷が出来ることや印刷がきれいであることが挙げられます。
一方でインクジェット式のメリットとしては、ランニングコストの安さが挙げられます。レーザープリント式のものでは、モノクロであれば比較的安価で運用していくことが可能ですが、カラーの場合では運用コストが高くなってしまうことが多いとされています。印刷する量が極端に膨大である場合には別ですが、一般的なオフィスレベルでカラーの資料などを印刷する程度であれば、インクジェット式のオフィスプリンタを導入すべきでしょう。
また、インクジェット式は発色が綺麗という特徴もあります。複数のインクを使うものでは、写真などの印刷を得意としているものもあるので、専用の用紙を用意すれば写真の印刷にも利用することが出来るでしょう。しかしながら、インクジェット式で印刷した資料などは水にぬれると滲んでしまうこともあるので、資料の扱いには気を付けなくてはならない点にも、注意が必要です。